ドッグフードに潜む危険性!

ドッグフードに含まれる添加物だのヤバそうな原材料をしっかり把握してますか?

市場に出回っているドッグフードにはまだまだ一部粗悪なものも販売されています。

この記事では全て読むのには移動中の隙間時間などでは読みきれないほど、たくさんのことをどこよりも詳しく!細かく!書いています。

安全なドッグフード選ぶ条件などなど解説しますね~

目次

安全なドッグフードを選ぶ4つの条件

ヒューマングレード

ヒューマングレードって「人間が食べることのできる品質」という意味で使用されている言葉です。

ドッグフードをボリボリ食べたことありますか?

ほとんどの方はないと思います。たまにAmazonレビューなんかで「こんな味がしました、歯ごたえはよく~」なんて口コミも見ますが。

実際ドッグフードは犬が食べるものであって、人間の食用としては作られてませんよね。

ということはこのヒューマングレードという表記があっても人間は食べてはいけません。

日本人が、ドッグフードに書いてあるヒューマングレードという言葉を目にすると「人間も食べて良いのか」と誤解してしまうことがありますよね。

一方海外ではヒューマングレードという言葉をドッグフードに使用するのは余り良しとはされていません。

ではこのヒューマングレードはどのような基準で設けられているのでしょうか。

現在は法による定義はありません。

ということは、その企業や製造業者がヒューマングレードを名乗れば、その製品はヒューマングレード品質となります。

ですが、「人間が食べることのできる品質」という言葉があるように、実際には人間が食べられるほど安全なフードですよということです。

グルテン・グレインフリー

ペットショップや、ホームセンター、通販サイト、またはスーパーなどいたるところでドッグフードは販売されていますよね。

商品陳列棚に並んだドッグフードの中で、「グルテンフリー」や「グレインフリー」という言葉を目にすることはありませんか?

グルテンというのは「タンパク質」で、グレインというのは「穀物」です。

主にここでいうグルテンというのは小麦などに含まれるタンパク質のことで、小麦アレルギーの原因ともなる物質です。

人間も犬も小麦アレルギーを持っていることが多いため、このような小麦が使われていないドッグフードにはグルテンフリーということが明記されています。

一方グレインフリーは穀物を指していますが、穀物といっても意味が広いですよね。

お米やとうもろこし、豆などあらゆるものを含んでいます。

グレインフリーとグルテンフリーの商品が並んでいたら、なるべくグルテンフリーのものを選びましょう。

お米やとうもろこしなど炭水化物源になっている穀物は、小麦アレルギーとは違います。

着色料・香料不使用

着色料はフードの色を付けるために使用されている添加物です。

人間の場合、これらの着色された食品を見て「美味しそう」と食欲が沸くこともあります。

でも実際犬は人間ほど色を認識することが出来ない上に、フードの色で食欲や嗜好性が左右されることはありません

ですので、この着色料は完全に犬に必要がなく、飼い主さんが見て、「このフード美味しそう、愛犬が好きそう」というような購買意欲を誘うためだけに色がつけられています。

香料も人工の添加物で、フードに香りを出すために使用されています。

ではなぜ香りを付ける必要があるのか。

香料は主にドッグフードの中に含まれている粗悪な原材料の匂いを消すために使用されています。

原材料が安心安全なものであれば腐ったりしておらず、そんなに悪臭を放つことはありませんよね。

ですが、原材料に腐った肉や、悪臭を放つ肉を使用しているのであれば香料を使い匂いを消して、犬の食いつきを良くしているのです。

実際に愛犬に使用しているフードの匂いを嗅いでみてください。

「くっさ!」と思ったら香料が使われている可能性が高いです。

無添加のものはそんなに強烈な匂いはしません。

天然の酸化防止剤

酸化防止剤とは食べ物の品質を維持して、腐らないように使われるものです。

ドッグフードに使われている油脂が酸化してしまうと、体に悪い物質となってしまうため、ドッグフードには必ずいれなければいけないものです。

人間の場合は、酸化防止剤としてお菓子の中に小さい袋が入っていますよね。
「食べられません」とか書かれているやつです。

ですが、ドッグフードの場合は添加物が直接フードにかかっていることがあります。

それらの添加物は人間には禁忌とされていますが、ドッグフードには平気で使用されているのです。

人間よりも体の小さい犬がそんなものを食べていると思うと恐ろしいですね。

そのため、酸化防止剤は絶対に添加物ではなくて天然のものが使用されているものを選ぶと良いでしょう。

例えば天然の酸化防止剤は、「ビタミンC」、「ビタミンE」、「クエン酸」、「コーヒー豆摘出物」などがあげられます。

反対に添加物の酸化防止剤は「エトキシキン」、「BHA」と表記されています。

良質なドッグフードを選ぶ時にはこれらの項目もチェックするようにしましょう。

しかし天然の酸化防止剤のフード消費期限が短いというデメリットがあります。

多頭飼育をしていないのであれば、短期間で食べ切れる量のドッグフードを買いましょう。

犬にとって危険な添加物特集

ここからは犬にとって危険な添加物特集です!

犬にとって危険な添加物ってどのようなものがあるのでしょうか。

添加物はそもそも人間の体にも悪影響を及ぼすため、食品安全基本法という法律で安全性は確保されています。

ですが、ドッグフードの場合はどうでしょうか。

人間の食べ物ではないため、この法律は適用されません。

ではドッグフードに使用されている添加物がなぜ入っているのか、そしてどんな危険性があるのか説明していきますね。

BHT

どんな役割?

BHTとは「ジブチルヒドロキシトルエン」といい、上記でも出てきたような酸化防止剤として使われています。

もともとこのBHTというのは石油の酸化防止剤として使われていました。

それなのに、どうして犬のご飯に?と思いますよね。

BHTはパラクレゾールという有機化合物を合成して生成した酸化防止剤の1種です。

半世紀以上前に石油の酸化防止剤として利用され始めましたが、アメリカで食品への使用が承認されたのをきっかけに日本でも食品に使用されるようになりました。

実は人間用の食品であるマーガリンやバターなどの油脂、ガム、魚介の冷凍品、サプリメントなどさまざまなものに使用されています。

確かにこれらの食品が酸化することにより腐ったり、品質が落ちたりといった弊害があります。

また、食品以外ですと土葬文化のある地域の遺体の腐敗防止剤や、化粧品の酸化防止剤として使われているものです。

最近では、日本国内でもドッグフードや人間用の食品に使用することを自粛するメーカーが増えています。

どんな危険性がある?

BHTの害はさまざまあります。

犬が摂取すると、

  • アレルギーの誘発
  • コレステロールの増加
  • 妊娠中に摂取すると奇形児が生まれる可能性がある
  • 発がん性がある
  • 脱毛
  • 染色体やDNA遺伝子の異常が起きる可能性がある

などがあげられます。

これらの理由から、オーストラリア、スウェーデンではBHTを食品へ使用することを禁止している国もあります。

日本でも法律で禁止されればいいのですが、今現在でも使われています。

自粛するメーカーもありますが、天然の酸化防止剤よりも安価で、長期間品質を保てるBHTを使い続けるメーカーもあります。

特にドッグフードを取り締まる法律は「ザル」と言われているため、今後も使い続ける可能性が高そうですね。

こういった添加物を使用しているフードは、プレミアムフードに比べると比較的安価で販売されています。

しかし、発がん性がある物質や、コレステロールの増加、これらは病気へと繋がります。

例えばアレルギーでは現状根治することが難しい病気で、対症療法しかありません。

犬の医療費って自由診療ですし、とても高いですよね。

ですが結果的に考えてみると、やはり普段のフードからこだわって愛犬の健康を守る方が出費が少なく済む場合もあるるのです。

BHA

どんな役割?

BHAとは、ブチルヒドロキシアニソールといい、上記のBHTと同じく酸化防止を目的として食品に使用されている物質です。

脂溶性の有機化合物で、魚介冷凍品や、浸漬液、油脂、バターなどに使用されています。

例えばスナック菓子の袋をあげてしばらく放置していたらサクサクな食感がなくなり、「ふにゃふにゃになる」。

こういったことありませんか?

これが酸化現象です。

こうした酸化による品質の変化を防ぐためにBHAという食品添加物が使用されています。

もともともエンジンオイルなどの工業用の油脂だったのです。

それを食品に使用するって怖くないですか?それほど体にはよくないのです。

以前からBHAの発がん性などは疑われてきましたが、天然の酸化剤より安価であることを理由に今でも使用されています。

ドッグフード以外にも人間の食事に多く使用されています。

世界の油脂の中でも最も大量に使われているのがパーム油です。

ファストフード店の揚げたフライドポテトは美味しいですよね。

そのポテトを揚げたパーム油のほとんどにBHAが含まれています。

私達は手軽さと安価を引き換えに、健康を知らないうちに失っていることもあるのです。

どんな危険性がある?

BHAは上記で書いたBHTの害と同じです。

  • アレルギーの誘発
  • コレステロールの増加
  • 妊娠中に摂取すると奇形児が生まれる可能性がある
  • 発がん性がある
  • 脱毛
  • 染色体やDNA遺伝子の異常が起きる可能性がある

近年ではBHAの使用を取りやめ、食品への使用を禁止している国もありあります。

BHAは実際に日本の名古屋市立大学の教授らが研究した結果があります。

研究チームはおよそ2年間に渡って行った実験では、BHAを摂取させたラットの胃に発がんが確認されたそうです。

すぐさま食品への使用を禁止する協議が行われましたが、人間が1日に摂取しても問題のない量であれば問題ないという結論に至ったそうです。

そもそも、BHAは日本ではあまり使用されていない酸化剤でした。

しかし、欧米では多く使われている酸化剤で、これらはアメリカで製造しているクッキーやバターなどに含まれています。

もし、日本でBHAを食品へ使用することが禁止となればこれらのアメリカ製品を輸入することができなくなります。

そういった理由から、欧米があえて圧力をかけてこの協議を撤回させたという経緯があります。

エトキシキン

どんな役割?

エトキシキンも上記で同じように食品添加物で、食品の品質を保つために防腐剤として使用されています。

酸化防止剤や抗酸化剤と同じ効果があります。

しかし、エトキシキンが上記と違うのは「毒性が強いため、人の食品添加物には使用できない」ということです。

ですがドッグフードには使用されています。

人間の大きさでも毒性が強く使用を禁止されているものなのに、体の小さい犬に与えるなんて危険!そう考える人は多くいると思います。

しかも厄介なのがエトキシキンは酸化防止剤としてドッグフードの原材料表に明記されていないのです。

エトキシキンは、とっても安価なんですよね。

もともとはタイヤなど石油製品の酸化防止用として使用されていました。

安価なため大量に購入し、使用してもメーカーとしてありがたいものです。

そのため安価なフードにはエトキシキンはが含まれていることが多いのです。

コストパフォーマンスの面から見れば優秀な防腐剤ですが、犬に対する健康被害はどのようなものがあるでしょうか。

どんな危険性がある?

エトキシキンについてはメディアでも取り上げられているほど、危険性が指摘されています。

ですが、はっきりとなぜ危険なのか。これが分かっている人は少ないのではないでしょうか。

エトキシキンは日本国内では人間の食品に使用が禁止となっている事実からも分かる通り、やはり健康に被害を及ぼす物質です。

環境省と農林水産省は「エトキシキンを大量に摂取すると腎臓へ悪影響を及ぼすことがある」と発表しています。

動物の場合では、皮膚病、アレルギーの誘発、内臓機能の障害、発がん性、異常行動などが起こる可能性があるようです。

その他にも、体重の減少、食欲がなくなる、肝機能障害、甲状腺障害、生まれてくる子供のDNAや染色体の異常なども懸念されているようです。

実際にエトキシキンを開発した会社も、直接肌に触れた場合に、アレルギー性皮膚炎の発症、目の炎症の危険性を指摘しています。

直接触れてしまった場合には、完全に洗い落とすようにと警告しているほど危険なのです。

エトキシキンによる具体的な健康被害というのはまだまだ未知数な部分もあります。

ですがエトキシキンが「安心してドッグフードに使用できる」というわけではないことははっきりと分かりますよね。

その証拠に日本でも人間に使用が禁止されているだけではなく、ドッグフードに使用する量が定められています。

具体的に国内では1gあたり75マイクログラムの使用までとなっています。

没食子酸プロピル

どんな役割?

没食子酸プロピルは、主に油脂類に用いられる酸化防止剤です。

今までも食品添加物をあげてきましたが、今回も「酸化防止剤」ですね。

没食子酸プロピルは他の酸化防止剤よりもとても強力で、少ない量でもフードの酸化を防止する効果が期待できます。

没食子酸プロピルには使用基準があり、人間に使用する最大限度がバター0.1g/kg以下で、油脂類としては0.2g/kg以下になっっています。

ペットフードに使用する場合には、使用基準が設けられていません。

ということは、どのくらいの量を使用しても問題ない、健康被害がないと思ってしまいますよね。

ですが、そんなうまい話はありません。

上記でも言ったように、ペットフードの法律はほんとうに「ザル」なのです。

このように人間では使用基準が指定されている食品添加物であっても、ペットにふんだんに使用していいと言っているかのようですね。

実際に世間一般では比較的安心と言われているフードにも没食子酸プロピルは使用されています。

獣医師も療法食として使用しているものです。

ドッグフードには油類が多く使用されているので、没食子酸プロピルなどの酸化剤を使用するのはある程度仕方ないでしょう。

どんな危険性がある?

現時点では没食子酸プロピルを使用したドッグフードを食べた時の危険性は分かっていません。

ネットではあらゆる情報が飛び交っていますが、実際に人間に使用する量を制限しているということは、なにかしらの毒性があるということは間違いありません。

しかし、これらの添加物を使用せず、天然の酸化剤を使用しているフードもあります。

できればそういったフードに切り替えた方が愛犬の健康を守ることはできると思います。

ですが、天然の酸化剤であるビタミンなどは、長持ちがしない、酸化を防ぐ力が弱いといったデメリットもあるのです。

そのため天然の酸化剤を使用しているフードは酸化しやすいと言われています。

酸化したフードは犬の体に悪影響を及ぼします。

こういったことから、まったく使用していないフードが「良いのか悪いのか」というのは一概には言えないのです。

つまり酸化防止剤などの食品添加物は、食品とは切ってもきれない関係にあるということです。

亜硝酸ナトリウム

どんな役割?

亜硝酸ナトリウムは亜硝酸ソーダとも呼ばれており、主に食肉中のヘモグロビンやミオグロビンというものと結合して、鮮赤色を保たせる発色効果があります。

また、ボツリヌス菌などの細菌の発育を抑え食肉製品の腐敗を防ぐ効果もあるのです。

成分上では「発色剤」に分類され、ドッグフードの色や鮮度を調整しています。

みなさん、ハムを想像すると分かると思います。

ハムってピンク色でお肉感が出ていますよね。

色がくすんでいるハムと、ピンク色でツヤツヤしているハムとではどちらが食欲をそそりますか?

ピンク色の方が美味しそうに見えるし、食卓に並べた時にも見栄えが良いですよね。

キレイに発色しているハムのほとんどに亜硝酸ナトリウムのような着色料が使用されています。

ですが、上記でも書いた通り人間であれば、色を詳細に識別できますよね。

犬の場合は、人間ほど優れた識別能力は持っていません。

そのため、フードがキレイな色であろうが、汚い色であろうが味が美味しければ食べますね。

亜硝酸ナトリウムは指定添加物として認可されている一方、大量に使用する場合は毒物及び劇物取締法により劇物指定されている物質です。

どんな危険性がある?

亜硝酸ナトリウムで気をつけたいのが「相乗毒性」です。

あまり聞き慣れない言葉ですよね。

相乗毒性とは亜硝酸ナトリウムと相乗効果のある物質が結びつくと、ニトロソ系化合物というものが生まれて、発がん性を持つというものです。

亜硝酸ナトリウムと相乗性を持つものは「ソルビン酸類」です。

ソルビン酸類は、微生物などの増殖を抑える効果が期待できるため「保存料」として使用されています。

亜硝酸ナトリウムとソルビン酸類が一緒に使用されているフードには「発がん」の可能性があるのです。

日本のペットフード安全法では亜硝酸ナトリウムの使用基準は1g中100マイクログラムとされています。

この安全法に亜硝酸ナトリウムの使用基準が設けられたのは2015年とごく最近のことです。

ラットの致死量は180mg/kgで、人間の致死量は71mg/kgと推定されています。

安全法ができる前には、ほとんどのフードに亜硝酸ナトリウムが含まれており、一部のフードには記載を怠っていることもあったようです。

亜硝酸ナトリウムはボツリヌス菌の抑制などの効果もありますが、それ以外のメリットはありません。

犬の飼い主である人間に「このフード美味しそうでしょ?」と思わせるために使用しているようなものです。

赤色3号

どんな役割?

「赤色3号?」なにか新しい戦隊シリーズのメンバーの名前ですか?と思いますよね。

もちろん違います。

赤色3号とは、別名「エリスロシン」と呼ばれるタール系の色素です。

赤色と呼ばれている通り、赤やピンク系の色に着色する時に使用されます。

例えば、紅白かまぼこの赤い部分、赤い福神漬け、缶詰のさくらんぼなど人間の食品にも身近に使われている食品着色料です。

これは日本ではの話しです。

赤色3号はアメリカ、ドイツ、ポーランドでは食品への使用を禁止しています。

赤色3号はタール系の色素で、熱に強いという特性があり、石油を原料としています。

急激な毒性はありませんが、原料に使われているのが石油ということもあり、まったく無害というわけではありません。

ですがそもそも考えてみて下さい。

赤色3号の役割は「着色」ですが、ペットフードに着色は必要でしょうか?

美味しく見せるは誰のためかと言うと飼い主さんのためです。

犬がドッグフードを買い物するわけではないですよね。

もし、あなたが石油を食べろと言われたら食べますか?それと同じことです。

知らずのうちに愛犬に着色料入りのフードを与えいたのであったなら、今後は原材料表をしっかり確認するようにしましょう。

どんな危険性がある?

赤色3号は、主に発がん性や染色体の異常の疑いがあると言われています。

国連の食糧農業機関や世界保健機関は、食品添加物の安全性を調査している動物実験において赤色3号の毒性を認めています。

赤色3号は体内に入ると、タンパク質と結合しやすいという性質を持っており、それが理由で発がん性のみならずアレルギーの発症率も高くなると考えられています。

また、酸性に弱い物質なため、弱点を補完するために他の着色料と併用されていることもあるのです。

急激に体に変化を与えるわけではありませんが、摂取し続けることで影響を及ぼすことは間違いなくあるでしょう。

アメリカやノルウェーは、その危険性から人間の食品に使用することは禁止しています。

ヨーロッパでは、56ppm以下の利用のみ認めるという制限があります。

しかし、日本には赤色3号の制限はありません。

そのため、赤色に発色させたい食品にふんだんに使用されていることがあります。

赤いドライフードってよくありますよね?それらも素材本来の色ではなくて、もしかするとこういった着色料で染められて出た色かもしれません。

赤色40号

どんな役割?

赤色40号は厚生労働省により、指定添加物として認可されている着色料です。

赤色3号がいるということは、赤色40号もいます。

何号までいるの?の気になりますが、赤色の着色料で代表的なのは、「赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色106号」です。

赤色40号もタール色素に分類されている着色料で別名「アルラレッドAC」と言われています。

しつこいですが、アルラレッドACも戦隊シリーズのメンバーの名前みたいですね。

赤色40号も同じようにフードに着色を行い飼い主さんに「美味しそうなフード」と思わせるために使用されています。

愛犬のことを思う飼い主さんは、こういった着色料にコストを使うならもっといい原材料にグレードアップしてくれ!と思いますよね。

上記の赤色3号は、アスコルビン酸の影響を受けやすく退色しやすいという性質がありますが、赤色40号は、低的タール系の色素の中ではアスコルビン酸の影響を受けにくいと言われています。

また、赤色3号に発がん性の可能性があることから利用が激減し、その後赤色40号が世界でも大量に使用されるようになったという経緯があります。

どんな危険性がある?

赤色40号は、日本では平成3年に指定添加物として厚生労働省が認可されました。

比較的最近のことですが、アメリカも含め世界中でさまざまなものに使用されてけた着色料です。

赤色40号は、ヨーロッパではADHD(注意欠陥多動性障害)に影響を与えるかもしれない着色料と言われています。

そのため、使用を控えているメーカーも多くあり、ヨーロッパでは、着色料を使用した食品や飲料水には「ADHDに影響する可能性がある」という表記が義務付けられています。

ADHDへ影響を及ぼす着色料は赤色40号以外にも存在し、日本で添加物として認可されているものだけでも、他に黄色4号、黄色5号、赤色102号と言われています。

犬への毒性については認められておらず、発がん性やDNAに変化をもたらす性質もないようです。

また2015年にEFSAが行った調査でも、赤色40号は犬の大腸、胃、肝臓の遺伝子に対する毒性はないということが確認されたそうです。

この調査結果では、摂取量の上限はドッグフード1kgあたり370mgです。

しかし、ドッグフードの原材料表に赤色40号は記載されていないため、安全性の検証ができないというのが現状です。

赤色105号

どんな役割?

赤色105号は正式名称「ローズベンガル」という着色料です。

タンパク質をキレイに染めることができると言われており、加熱しても退色が少ないというのがメリットです。

しかし、日本以外で赤色105号を認可している国はほとんどない着色料です。

なぜ日本では認められているの?と思いますよね。

日本では1948年、およそ半世紀以上前に添加物として指定されました。

海外ではラットやマウスを使用した実験で、発がんなどを引き起こす可能性があるとして食品への使用は一切認められていません。

日本では、認められているものの、お茶、味噌、野菜、海藻類、魚、肉、漬物などへの使用は禁止されています。

しかしこれは赤色105号の危険性を重視しているからではなく、赤色105号を始めとしたタール系色素全般に適応されています。

反対に赤色105号を使用している食品は紅白かまぼこの赤い部分、桜でんぶ、イチゴ味のチョコレートなどがあげられます。

また、子供のころ歯垢染め出し剤を使用したのを覚えていますか?

赤色105号は食品以外にも使用されているのです。

紫がかった鮮やかなピンク色を発色できる着色料は赤色105号だけですので、さまざまなシーンで重宝されているのです。

どんな危険性がある?

現在赤色105号を使用しているドッグフードや犬用のおやつは少ないです。

実際に鮮やかなピンク色をしたフードやおやつは見たことがないですよね。

しかし、イチゴ味系のおやつには使用されている可能性もあります。

赤色105号の危険性は、成長の障害、肝機能障害、甲状腺の異常、遺伝子の損傷、食欲減退などがあげられます。

遺伝子がダメージを受けてしまうと細胞の死滅や発がんリスクを引き起こす可能性があります。

遺伝子の中には細胞の増殖をさせる役割をもっているものや、反対に増殖を食い止める役割を担うものが存在します。

こうした遺伝子が外的要因や加齢などにより損傷すると、必要ない時に細胞が増殖してしまったり、またそれを止めようとすることができなくなってしまう可能性があります。

これらの異常により増殖し続けた細胞がガン化していくのです。

また、肝臓の機能に障害を受けると、食欲がなくなる、体重が減る、下痢や嘔吐をする、重症化すると黄疸や腹水などが生じ、最悪の場合犬の命に関わることもあります。

現在では赤色105号を使用しているドッグフードはほとんど存在しませんが、さまざまな健康リスクを犯す着色料が使用されていることは事実です。

青色2号

どんな役割?

青色2号はやや紫がかった青色の着色料です。

主に、チョコレートや和菓子に使用されている添加物で、単色ではドッグフードにはほとんど使用されることはありません。

水やアルコールによく溶けるという特徴があります。

別名「インジゴカルミン」と言われるタール系の色素で、石油やガソリンに使用されているものです。

青色2号は、名前の通り青色をしているため単色で使用するとかき氷のブルーハワイのような色をしています。

ドッグフードに添加する場合は、黄色4号と混ぜて緑色に着色させるために使われています。

ドライフードにはよく色がミックスされており、形も骨の形をしていたり、星型をしていたり形にも違いがありますよね。

ああいうフードの緑色に使用されているのが青色2号です。

青色2号は発がん性のリスクがあるため国によっては使用を禁止しています。

しかし、日本では健康リスクはないと言われており、使用量などの制限もありません。

食品に添加できる青系の着色料は青色1号と、青色2号の2種類のみしかないため、他の色と混ぜて使用されていることがほとんどです。

例えばアイス、ゼリー、清涼飲料水、ナスの漬物などに使用されています。

どんな危険性がある?

青色2号は、食用のタール色素で青系統の色で食品に添加することが認められているのは青色1号と青色2号だけです。

青色2号は国によっては使用を禁止していると言われています。

その理由は他の合成色素と同じような理由で、発がん性や子供の発育、DNAの損傷などさまざまな健康リスクがあるからとされています。

着色料は食品に色付けするための添加物で、食欲をそそる重要な要素と言われています。

みなさんもスーパーで買い物する時、実際に品物を手にとって品質や、その品物の鮮度などを品定めしますよね。

その時に、「こっちの方が美味しそう」という理由で、他の商品と比較したりするかと思います。

こういった消費者の行動を操るために着色料が使用されています。

人間であれば、そういった色で判断し買い物をしますが、犬の場合はどうでしょうか。

何度も書いているように、犬のフードに色は不要です。

ただ、飼い主さんにその商品を購入してもらうために着色をしています。

このような健康リスクを考えるならなるべく着色料がないものを選びたいですよね。

そのためには、見た目に騙されずに、飼い主さんがしっかり成分表示が読めるようにならなくてはいけません。

プロビレングリコール

どんな役割?

プロピレングリコールとは、酸化プロピレンの加水分解により製造される人工物質で、「増粘安定剤」に属しています。

なんだか聞き慣れない言葉が並んでいますね。

ドッグフードの食感を変えて犬の食いつきを良くするために使われていたり、保湿や菌の繁殖を抑える役割もあります。

水分量を保ち、乾燥や腐敗を防ぐことが目的で使用されているのです。

ドッグフードの原材料表にはプロピレングリコール(PG)と表記されていたり、防腐剤、添加物、保湿剤などの名称で表記されていることもあります。

プロピレングリコールは、化粧品の保湿剤や乳化剤、おにぎり、また電子たばこなどとても幅広く使用されている物質です。

日本では厚生労働省に認可されている指定添加物として食品や製造用剤、品質保持剤として使用されています。

人間用の食品だと、ラーメンのシコシコした食感や、餃子、シュウマイのもちもちした食感を出すために使用されています。

海外の研究では発がん性が確認されておらず、アメリカの食品医薬品局では安全な物質として区分されています。

そのため人の生活にはかなり身近な存在です。

どんな危険性がある?

プロピレングリコールは大量に摂取すると元気がなくなる、運動失調、発作、パッティング、痙攣、貧血などがあげられます。

そのため日本国内ではペットフード安全法により1日の摂取量は1kgあたり2gに留めるように規定されています。

また、プロピレングリコールにアレルギー反応を起こしてしまう犬もいるようです。

しかし、老齢期の犬やドライフードを食べられない犬には半生タイプのドッグフードが必要となりますよね。

大量に摂取した場合には、健康被害があると言われていますが、少量であればプロピレングリコールが配合されているものを与えても問題ないでしょう。

しかし、2015年にアメリカではドッグフードに含まれているプロピレングリコールにより犬に健康被害を受けたとする飼い主さんたちによって製造メーカーが訴えられるという出来事が起こりました。

プロピレングリコールは大量に摂取しない限り犬の健康に影響を与えることはないとされていますが、猫が摂取するのは禁止されている物質です。

2009年にペットフード規制が行われキャットフードにプロピレングリコールの使用が禁止されました。

プロピレングリコールが猫の赤血球中のハインツ小体を増加させてしまうためです。

ですので、猫と犬を一緒に飼っている家庭では注意が必要な物質ですね。

猫が盗み食いをしてしまうと危険にさらされる可能性があります。

グリシリジン・アンモニエート

どんな役割?

グリシリジン・アンモニエートは、比較的安価なフードに含まれている添加物です。

ドッグフードだけでなく、ペットフードにはよく入っている添加物ですが、保存料、人工の甘味料の役割があります。

ドッグフードって甘いの?って思いますが、人間よりも甘さを感知するのに鈍感な犬でも感じられる甘みをつけて犬の食いつきを良くする目的で使用されています。

その証拠にドッグフードには砂糖やソルビトールなどの人間にも使用される甘味料が入っていることが多くあります。

ですが、グリシリジン・アンモニエートは、人間の食品には安全性を保障できないという理由から使用されていません。

そのため動物専用の甘味料と言われています。

グリシリジン・アンモニエートは、砂糖よりも甘さを感じる成分と言われていますが、なぜ砂糖よりも甘みが出るのかに関しては原因が分かっておらず、そのため安全性がある確認が取れていない添加物と言えるでしょう。

甘みは砂糖の30~50倍の甘さがあるそうです。

さらにはグリシリジン・アンモニエートは甘草(かんぞう)と言われる植物の根や茎から抽出されていますが、その中のどんな物質から作られているのかすら不明なのです。

謎だらけの添加物ですが、ドッグフードに含まれている場合にはなるべく避けた方が良さそうですね。

どんな危険性がある?

グリシリジン・アンモニエートは安全性がいまだに不明な添加物です。

しかし、人間用には使用を認められていない添加物で、それを動物用には使用しているという点が引っかかりますよね。

危険性も認められていなければ安全性も認められていない不思議な立ち位置にいるのです。

しかし砂糖より甘さを出せるという理由から、安価なフードにはフードへの食いつきを良くするために、グリシリジン・アンモニエートは使用して甘みを出しています。

たしかにどんなに品質の良いドッグフードを販売しても、犬の食いつきが悪ければそれは良いフードとは言えないでしょう。

実際に犬が美味しく食べてくれないフードなら、健康に良くても切り替えるべきでしょう。

しかし、甘みを出すためならグリシリジン・アンモニエートなどの人工添加物ではなく、はちみつなど天然の甘味料を使用するべきです。

そのためドッグフードの成分表にグリシリジン・アンモニエートが記載されているフードはなるべく避けるように方が良さそうですね。

ソルビン酸カリウム

どんな役割?

ソルビン酸カリウムはドッグフードの「保存料」として使用されている添加物です。

ドッグフードの他には犬用のジャーキーや歯磨きガムなどのおやつにも使用されています。

名前の通りソルビン酸とカリウムがくっついてできている物で、水に溶けやすいという特徴があります。

そもそも保存料とは、食品が腐ったり味の変化などの原因となる微生物が繁殖するのを抑え、長期間保存できるようにするための添加物です。
ドッグフードは、比較的長く保存する必要のある食べ物ですよね。

安価で大量に入っているお得袋のフードには保存料が使用されていることが多くあります。

ソルビン酸カリウムには、フードが腐敗する原因である微生物の代謝や成長を阻害する効果が期待できます。

この成分が含まれている環境では、微生物は仮死状態となってしまい活動や増殖ができなくなり、死滅するため保存料としては優れている成分です。

ソルビン酸カリウムは、特に酵母菌やカビ菌への効果が高いと言われています。

またPHが酸性の時に最も効果を発揮し、反対にアルカリ性だと効果が弱まってしまうという性質があります。

そのためPHを酸性に傾けるために、調整剤と一緒に添加されることもあります。

どんな危険性がある?

ソルビン酸カリウム自体の危険性はそれほどまでに高くはないと言われています。

しかし、他の添加物と共に摂取すると危険性が増す成分です。

ソルビン酸カリウムは便利な保存料としてさまざまな食品の添加物として使用されいるため、他の添加物と複合的に摂取することは珍しくないというのが怖いところです。

例えばソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムを同時に摂取すると、化学反応が起こり強力な発がん性物質の「エチニル酸」という物質が作られてしまいます。

亜硝酸ナトリウムは上記の見出しにもある発色剤です。

亜硝酸ナトリウムとソルビン酸類が一緒に使用されているフードには「発がん」の可能性があるのです。

問題なのが、ソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムを複合的に使用することに対してなにも規制がないことです。

ソルビン酸カリウム自体は人間の食品にも使用されており、毒性や遺伝子の変異や発がん性の試験をクリアし、アメリカでは砂糖や寒天と同じような扱いをされています。

ですがラットによる実験ではソルビン酸カリウムのち資料は、大樹1kgあたり4.2gという結果が出ています。

犬にとってあまり好ましくない原材料

愛犬にはいつまでも健康的に長生きして欲しいものですよね。 そこで、ドッグフードに使用されているあまり好ましくない原材料についていろいろ調べました。

添加物も危険なものが入っていると、犬の健康にさまざまな影響を与えますが、その添加物よりもフードに多く含まれているのは原材料です。

添加物も色んなものを紹介しましたが、ここからは犬にとってあまり好ましくない原材料を大紹介しますね!

4Dミート

4Dミートについてはネットでもよくある都市伝説じみたヤバイことがのっていますが、客観的な視点で見ていきましょう。

そもそも4Dミートとは、4つの頭文字をとって4Dミートと言われています。

  • DEAD→死んでる
  • DYING→死にかけ
  • DISEASED→病気
  • DISABLED→障害・ケガ

この4つDを意味します。

では客観的に言いますと、まず人間も死んだ動物の死体を食べますよね。

好きな人であれば毎食動物たちの死体を食べていますよね。

この点については問題ないですし、生きたまま食べるなんて怖いですよね。

次に、死にかけの肉。これはつまり「腐っている」ということを意味します。

腐った肉は匂いも気になりますし、もし腐りかけの肉がスーパーで販売されていたら大問題になります。

しかし、昔ファストフード店では使用期限を7ヶ月も過ぎたお肉をナゲットとして使用していましたよね。

人間の口に入るものであればあのように大問題として、世論にもニュースにも取り上げられて、消費も落ち込みます。

次に病気に関してです。

さすがに狂牛病や鳥インフルエンザにかかった動物たちは殺処分されています。

これが人間の口に入ることはありませんが、廃棄されずにドッグフードに使用されているのではないかという話しもありますが真相は分かりません。

ですが、狂牛病の原因となる菌は加熱処理をしても死滅しないため、狂牛病にかかった肉は使用されているということはないでしょう。

しかし、上記の腐った鶏肉を使用していたファストフード店に卸されていた鶏たちは、環境の悪い鶏舎で薬で育てられ多くの鶏たちは病気を患っていたようです。

こういった肉であれば使われている可能性はあるでしょう。

最後に障害・ケガの肉というのは、事故にあった動物たちや、人間用としては使用できない肉のことです。

こういったように4つのDが入ったお肉は、他の肉に比べればかなり安価で手に入るお肉たちです。

ここで考えたいのは、腐った肉や病気の肉が人間用として使われることに関しては問題となるのに、犬やペット用のフードにされることにはなにも問題にならない点です。

ペットブームと言われる近年では動物を飼っている家が多く、動物も人間と同じように高度な医療を受けることができる時代です。

それなのに、食の安全に関してはまだまだ遅れているという印象ですね。

4Dミートを使用しているフードなのか、そうではないのかというのは見分けづらく、原材料表に正直に「4Dミート」とは記載されておらず、「ミートミール」や「チキンミール」などと書かれており、見分けがつかない点にも恐怖を感じますね。

ミートミール

上記でも書いた4Dミートも、ドッグフードの原材料表に記載される時には「ミートミール」として書かれます。

人間用としては認められていないような低品質な肉を使用していることが考えられます。

「〇〇ミール」という言葉自体とても曖昧な表現だと言うことです。

〇〇ミール表示のお肉が全て悪いと言っているわけではありません。

しかし、もし高品質な〇〇産の〇〇肉を使用しているのであれば、それはセールスポイントにもなるためドッグフードの原材料表やパッケージに表示しますよね?

焼肉屋でもそうですが、良い牛肉には「A5」とか「A4」とかランクが表示されていることがありますよね?

それと同じことです。

表現を曖昧にしたい時に「〇〇ミール」という言葉があれば使いたいメーカーもあるでしょう。

ミートミールは「肉副産物」として表記されていることもあります。

想像しやすいように書くと、人間が食べる肉を取り除き、その残りを業務用のフードプロセッサーで混ぜているといった感じです。

スーパーなどで売られているお肉を想像してみてください。

鶏肉であれば、「モモ、ムネ、ササミ、手羽元」など鶏肉の部位が書かれていますよね。

ミンチの場合でも、ムネミンチ、モモミンチと書かれています。

トサカや聞いたことのないような内蔵が食用としては使われていませんよね。

このスーパーには並んでいないお肉たちはペット用に回されることが多くあります。

〇〇ミールや、肉副産物はこういったお肉たちなのです。

肉粉

肉粉は、漢字の通りお肉のパウダーです。

上記で出てきたミートミールや肉副産物と同じように、加工肉の残りを熱処理し、粉砕したものです。

ドライフードを製造するときは、通常熱を加えて粉末にしたミールの状態で、ドッグフードを製造します。

国内で販売されているドッグフードに使用する動物由来の肉粉は、国が決めた製造基準に適合すると認められた製造事業者でなければ、製造や出荷はできません。

肉粉が使用されることはあまり好ましくはありません。

なぜなら、このミールは人間が食べることのできない鶏のトサカや内臓などよくわからない肉が入っているからです。/p>

これらのお肉を業務用のフードプロセッサーで混ぜて粉状にしています。

犬の消化に悪い部位も使われているため、それが原因で下痢や嘔吐を起こしてしまうこともあります。

ですが、自然界の動物たちは骨以外のものは全て食べますよね。

高品質なフードから摂取できないような栄養素を取ることができますし一概には駄目とは言えないですね。

レンダリング工場を知っていますか?

日本よりもドッグフード業界では先を行くアメリカで問題となった工場です。

アメリカでは犬や猫を含むおよそ数万頭の死体と、他の動物の死肉をドッグフードを含むさまざまな商品の原料として使用しています。

そのお肉の中には病気死んだ動物、薬漬けにされた動物、車などに引かれた動物の死体が回収業者によって集められて、レンダリング工場に運ばれています。

これはアメリカの話しですが、日本国内にも実は141ヶ所レンダリング工場があるそうです。

アメリカではレンダリング工場の集められた動物の死体から臭ってくる悪臭や、湧き上がるウジやハエが社会問題となっています。

こうして加工されたものはミートミール、肉副産物、肉粉という原材料としてドッグフードに使用されています。

死んでしまった動物の命を無駄にしないという観点から言うと、レンダリングの全てが悪いというわけではありません。

私達人間も牛や豚、鶏の命を頂いています。

ですが、腐った肉、病気により亡くなった犬や猫、その他動物のお肉をあなたは食べますか?

安価なフードにはこのような原材料のフードが使用されているのです。

動物性油脂

動物性油脂とは、言葉どおり、動物から採取した油や脂肪分のことです。

油と聞くと、高カロリーになってしまい肥満の元というイメージはありませんか?

しかし、脂肪分は犬にとって必要なものです。

健康的な毛並みを作るのに、タンパク質やビタミンなどと同様に必須な栄養素です。

この動物性油脂とはここでいう動物とは鶏、牛、豚、羊などさまざまです。

問題なのは油脂のカロリーではなく、「動物性油脂」としか記載されていないことです。

この表記だと、どの動物を使用しているのか分かりませんよね。

原材料が明確ではないドッグフードは、豚アレルギーなどを持っている犬にとっては適しません。

高品質なフードであれば、原材料の表記にも細かく示すなど配慮がされています。

例えば「チキンエキス」や「ラム精油」など、きちんとどの動物の油脂を使用しているのかを表記しています。

また、動物性油脂には酸化防止剤などが使用されています。

動物性油脂は、ドッグフードを製造する最後の工程でフードに肉の匂いを付けるための香料としてオイルでコーティングを行っています。

食いつきを良くするためですが、フードの表面をオイルで覆うと、酸化しやすくなるだけではなく、皮膚病やアレルギーを引き起こす可能せがあると考えられています。

トウモロコシ

役割

ドッグフード問題では切っても切れないほど話題になるのがこの、「トウモロコシ問題」です・

市場に出回っているドッグフードは生産にかかるコストを抑えるために、原料として安く手に入るトウモロコシを多く使用してものが流通しています。

ですが、トウモロコシが入っていると必ずしも悪いというわけではないのです。

高タンパク質、低炭水化物が犬の食事の基本ですが、犬に炭水化物は必要ないというわけではなりません。

むしろそれどころか、犬にとっても健康維持のために炭水化物は欠かせない役割を果たす成分です。

また、トウモロコシにはビタミンB1、ビタミンB2などの栄養素が含まれています。

これらのビタミンは水溶性ビタミンで、糖質をエネルギーへと変換する役割を持っています。

犬の唾液にはでんぷんを分解する能力があります。

つまりトウモロコシのビタミンは、炭水化物に含まれているでんぷんの消化をサポートするのです。

ビタミンB1は、犬の皮膚や粘膜の健康には欠かせない成分です。

他にはトウモロコシには、犬の体内では生成できないリノール酸という必須脂肪酸を豊富に含んでいます。

トウモロコシには、犬の体にとってプラスに働く面もたくさんあるのです。

なぜ好ましくない?

なぜ、トウモロコシは、ドッグフードと切っても切れない問題となるのでしょうか。

犬も人間と同じように「タンパク質、淡水貨物、脂質」などの3大栄養素を必要とする動物ですが、その中でも多く摂取したいのがタンパク質です。

特に動物性のタンパク質を多く必要とします。

トウモロコシの中にもそれほど多くありませんが、タンパク質は含まれています。

ですが、トウモロコシに含まれているタンパク質は動物性タンパク質ではなく、「植物性タンパク質」です・

犬は先祖であるオオカミの血を引き継いでいるため、肉食の食性です。

そのため植物性のタンパク質を消化する能力というのは低いのです。

野生のオオカミたちは草食動物を食べますよね?

その草食動物たちは、草などの植物性タンパク質を食べているため、オオカミにも植物性タンパク質を消化する能力はある程度備わっているのです。

そして、もう一点気になるのは、トウモロコシに最も多く含まれる栄養素は炭水化物です。

上記でも書いたように犬の食事は、高タンパクで低炭水化物が基本です。

とうことはトウモロコシを多く含んでいるフードでは、この基本のバランスを保つことができないということです。

ですが、安価なフードではトウモロコシを原料とすると生産コストを抑えることができるため、犬の健康を考えずに積極的にトウモロコシを使用しています。

ビートパルプ

役割

ドッグフードに使用されるビートパルプは、ほのかな甘みを出すために使用されます。

甘みを出すことで、フードへの食いつきを良くしているのです。

ビートというのは「サトウダイコン」のことで、サトウキビのような砂糖の原料となる野菜です。

このサトウダイコンから糖分を抽出し、あとに残った食物繊維をビートパルプといいます。

つまり絞りカスですね。

そして、繊維質とかさ増しのために使われることもあります。

ビートパルプには、食物繊維が豊富に含まれているため家畜のエサとしても使用されています。

ビートパルプは絞りカスと書きましたが、本来なら捨てるものです。

かなり安い価格で購入することができるためビートパルプを使用するとコストを下げることもでき、ドッグフードのかさ増しもできるのです。 原材料は多く使用されているものから順番に記載されていますが、ビートパルプが上位に記載されているものは、その分かさ増しをしているということです。

私たちも大根や人参の皮など少し固い部分は捨てますよね。

それを利用しておいしい料理を作れる人もいますが。

ですが、原材料としてビートパルプが上位にきているということは、食物繊維が多く含まれているため消化するのにも時間がかかります。

なぜ好ましくない?

食物繊維と聞くと、人間にとっては体に良いものですよね。

しかし、人間と犬の体の構造や必要とする栄養素、そして消化できるもの、スピードはもちろん異なります。

食物繊維、つまり「繊維質」にはさまざまな種類があり、大きく分けると水溶性繊維か不溶性繊維です。

名前の通り水溶性は水に溶けやすい性質、不溶性繊維は水にも溶けにくい繊維です。

サトウダイコン自体は水溶性の食物繊維を含んでいる食材ですが、ビートパルプは絞りカスなため水溶性の食物繊維は含まれていないのです。 よく、便秘解消や毛玉ケアとしてフードに使用されますが、不溶性繊維のビートパルプだけでは便秘の解消には効果が期待できません。

そして、それだけでなく過剰に含まれた不溶性繊維が腸内を傷つけてしまう可能性もあるのです。

なぜ好ましくないのかと言うと、かさ増しに使われることや、栄養成分がほとんどないこと、ほとんどが食物繊維だからです。

ですが、ビートパルプが原材料として多く含まれているフードが全ての犬に悪いかと言えばそうではないのです。

体重管理などダイエットを目的としている犬に与える分には、ビートパルプが多く使用されていても問題はありません。

原材料にも良い面と悪い面があります。

そのためしっかり愛犬の体調や年齢に合わせたフードを選ぶことが大切です。

麦・米

役割

麦や米は穀物の一種で、麦にも米にもさまざまな種類があります。

例えば米は、白米、アルファ化米、玄米などです。

麦の場合は、小麦、大麦、カラス麦、ライ麦、ソルガム、ホワイトソルガムなどです。

これらの穀物類はドッグフードに使用される植物性の食品としてはポピュラーな原材料です。

タンパク質や各種栄養を摂取するために利用されたり、炭水化物を多く含むものはドッグフードのつなぎとしても使用されます。

白米は炭水化物源となり、グルテンを含まない低アレルギーな食材です。

アルファ化米は、米を炊飯の加水加熱を行ってアルファ化したもので、こちらもグルテンを含まない低アレルゲンな炭水化物です。

玄米は、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる淡水貨物で、白米のおよそ3倍の食物繊維を含んでおり、健康維持には欠かせないリノール酸やビタミンEも多くに含んでいます。

米類は比較的消化もよく、グルテンを含まない炭水化物なのです。

次に麦について説明します。

麦は、イネ科の穀物で、トウモロコシと比較すると、多くのタンパク質やミネラル、ビタミンを含んでおり、数多くのドッグフードの主原料として使用されています。

ですが、気をつけたいのは、この麦類に含まれているグルテンです。

なぜ好ましくない?

では、なぜグルテンに気をつけたいかと言うと、北米の獣医師による調査で約65%の犬が小麦にアレルギーを持っているということが分かりました。

特に麦類の中でも、小麦を使用しているフードは数多くあり、この小麦が原因となり「小麦アレルギー」を発症してしまうことがあります。

このアレルギーの原因がグルテンなのです。

グレインフリーやグルテンフリーと言われる商品が、よく店頭や通販サイトで並んでいますが、グレインは穀物全般を指し、グルテンは小麦のことを指しています。

ドッグフードに使用される小麦のほとんどは外国産の小麦で、これらはつぎつぎに品種改良されて品質が悪くなっています。

そのため、外国産の小麦ではアレルギーが出るのに、日本産の小麦ならアレルギーは出ないという犬もいるほどです。

ドッグフードの原材料表には「小麦」としか記されていないことが多く、これでは外国産なのか国産か分かりませんよね。

そのため、なるべく小麦を原材料として使用しているフードは買わない方が良いでしょう。

アレルギー全般に言えることですが、アレルギーが発症しても、それを根本から治療する方法がなく、すべて対症療法となります。

愛犬にはなるべくアレルギーは発症させないように気をつけましょう。

大豆

役割

大豆は畑のお肉と言われるほど、栄養価も高く納豆や豆腐などの大豆製品は人間にとっては健康に良いと言われていますよね。

しかし、ドッグフードに入っている「大豆ミール(脱脂大豆)」というものです。

大豆ミールは、豆腐や納豆など人間用に使用する大豆の残りで搾りカスのことです。

この大豆の搾りカスである大豆ミールの役割は、フードのかさ増しのためです。

もともと大豆はタンパク質が豊富な食材で、犬にも必要となる栄養素です。

そして、大豆にはビタミンEやビタミンB1 、その他ミネラルや食物繊維が多く含まれており、総合的にはバランスの取れている食品です。

また、大豆にはコレステロールを下げる作用のあるレシチンという成分が含まれていたり、犬腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれています。

生の大豆や浸水しただけの大豆を犬に与えてはいけませんが、納豆や豆腐などは犬に与えてもいい食材と言われています。

一方、ドッグフードに含まれている大豆ミールは、大豆を搾ったカスを使用しているため、ほとんど栄養素を含んでいません。

しかし、本来処分する大豆ミールは安価で買い取ることができます。

そのため低コストでドッグフードを製造しようとこの大豆ミールを原材料にしかさ増しを行っています。

なぜ好ましくない?

大豆本来は豊富なタンパク質やその他の栄養素がバランスよく入っている健康に良い食材です。

ですが、大豆ミールはほとんど栄養素を含まない原材料なのです。

されらに、大豆はタンパク質が豊富に含まれていると説明しましたが、大豆ミールはタンパク質の品質が悪いのです。

この大豆ミールをタンパク質源としているのなら、栄養が不足します。

また、大豆ミールには大豆の油を抽出するときに使用した薬品が残留している可能性もあります。

そもそも大豆ミールは畜産物の飼料に入れることさえ禁止されているほどの危険性の高いものです。

なぜかというと、加熱や発酵させた大豆であれば犬にとっては納豆など栄養食となりますが、大豆からそのまま油脂分を抜き取った大豆ミールは犬にとって消化しにくい食品となります。

そのため大豆ミールが含まれているドッグフードを与えると、消化不良により下痢や嘔吐などのを引き起こす原因となり、免疫力が低下することで病気や感染症にもかかりやすくなるのです。

ゴミ同然の大豆ミールがドッグフードに使用されているということです。

〇〇ミールというのは上記のお肉の時にも出てきましたが、基本的に「〇〇ミール」と原材料にかかれているフードは使用しない方が良いと言えます。

たいてい粗悪な物を使用していることが多いのです。

ペットフード安全法

上記でもちらほら書きましたが、みなさんは「ペットフード安全法」というのがあるのを知っていますか?

犬の飼い主さんであれば、聞いたことはあるという人も多いのではないでしょうか。

言葉だけ聞くと、ペットのごはんを安全に保つ、または基準を作ってる法律でしょ?と思いますよね。

しかし、実際にどんな法律なの?と詳しくは知らないという人もいるでしょう。

ここからはペットフード安全法に関して詳しく説明していきますね。

ペットフード安全法ってどんな法律?

まず、ペットフード安全法は、ペットフードの安全性を確保してペットの健康を守ることで動物愛護に寄与することを目的として作られた法律です。

「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」というのが正式な法律ですが、よくペットフード安全法という言葉が使用されます。

対象となるのは、フード、おやつ、サプリメントなどペットが食べる製品全般です。

ですが、ここには医薬品は含まれません。

医薬品については医薬品医療機器等法というまた別の法律があります。

この法律の主旨は、犬や猫に有害となる物質を含むペットフードの製造や販売、そして輸入を禁止するものです。

ペットフード安全法が制定されたことにより、ペットフードの製造者、輸入業者は国への届け出が義務付けられています。

また、ペットフードのパッケージにも必ず事業者名が書かれています。

ペットフード安全法では、犬や猫の健康を守るために科学的知見などを踏まえて、成分規格と製造方法の基準を定めています。

例えば原材料に使用する添加物や農薬、汚染物質やメラミンの量に基準値を設けているのです。

そして、ペットフードを製造する段階で有害な物質が混入しないように製造方法にも基準が設けられています。

ペットフードを製造する時には、有害微生物は加熱処理を行うこと、添加物であるプロピレングリコールはキャットフードには使用しない、原材料全般に有害な物質を含む、もしくは微生物による汚染、またはこれらの疑いのある原材料を使用しないなどです。

ペットフード安全法が施行されたきっかけ

ペットフード安全法、正式に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」は、2009年6月1日に制定された法律です。

この法律ができるのにはキッカケとなった事件があるのです。

中国のクソみたいな業者がメラミンを混入してたせいです。

2007年に北米で販売された中国製ペットフードから有害物質であるメラミンが検出され、大規模なリコールが発生しました。

そもそも、日本で国産のドッグフードが販売されたのは1965年のことで、2009年にペットフード安全法が施行されるまでに44年もの月日があります。

しかし、その間にペットフードそのものに対する法規制はなかったのです。

ですが、中国のクソみたいな業者がメラミンを混入したせいでこの法律ができました。

では、その事件を詳しく説明します。

2007年に、北米のペットフード製造会社の製品からメラミンが検出され、そのフードを食べた犬や猫の健康被害が発生しました。

この事件は、中国から輸入した原材料である小麦グルテンやライスプロテイン、コールグルテンなどを利用して製造されたドッグフードにメラニンが混入していたためです。

では、なぜ中国から輸入した原材料に本来ならペット用のフードに使用されることのないメラミンが入っていたのでしょうか。

メラミンが混入されていた小麦グルテンなどは、「ウェットフードの味を調節するために」有毒であるメラニンを混入していたそうです。

このフードを食べて死亡した犬や猫は100匹以上いたそうです。

そもそもこの「メラミン」とは、有機化合物の一種で、食器に使用されたり、スポンジに使用されたり、化粧品に使用されたりと多岐に渡って私達の生活にも使用されている物質です。

ですが、このメラミンは食べると有毒物質となり、健康被害を及ぼします。

最近では食器に使用しているメラミンも溶け出して、有害物質を流す危険性があるとされており、小さな子どもがいる家庭では使用しないというような風潮もあります。

人や犬や猫がメラミンを食べると、腎不全となり、食欲不振や、気分の落ち込み、下痢、吐き気、頻尿などの症状が出ます。

このメラニンは2008年に中国でも「粉ミルク汚染騒動」として問題となった物質で、この時は中国で乳幼児を中心に5万人以上の健康被害を出しました。

これは粉ミルクのタンパク質の基準値検査で検査値をかさ増しするために、中国の業者が故意的に混入しました。

そして、2007年から2008年にかけて中国で製造された「毒入り餃子事件」。

この事件をまだ覚えている人は多いのではないでしょうか。

この事件は中国で製造された冷凍餃子を食べた日本人が、健康被害を訴えたことで発覚した事件で、餃子の中には本来廃棄するはずの生ゴミなどが故意的に詰められていました。

中国は、2007年にドッグフードからメラミンが検出されて、大量にリコールが起こったり、数多くのペットの命を奪い、自国の乳幼児に健康被害をもたらしたのにも関わらず全く反省の色がありませんね。

ペットフードにメラミンが混入していた事件で、日本での被害はありませんでしたが、アメリカやカナダではたくさんの犬や猫たちが犠牲となりました。

同じペットの飼い主さんであってもそうでなくても、とても痛ましく感じますよね。

この事件は世界的なニュースとなり、世界中でリコールに発展しました。

日本国内にも一部でリコールの対象となる製品が販売されているということが分かりました。

農林水産省が速やかにこれらの製品を回収したため大事に至ることはありませんでしたが、この事件をきっかけに法的に強制手段をとれるように法律を制定するに至りました。

上記の回収作業の際は、法律がなかったため「お願い」という形で、回収を行いましたが、もしそれを量販店側が拒否していたら日本でも健康被害が出ていたかもしれません。

ペットフード安全法は、多くの犬や猫の死や病気など、犠牲が出てしまったがためにできた法律なのです。

悲しいことに多くの犬や猫が被害に合わなければ、この法律は出来ていなかったかもしれません。

ですが、現在市場に出回っているフードが安心してペットに与えられるのでしょうか。

法律ができた現在でも一部では粗悪なフードが販売されていることもあるのは事実です。

この問題は製造業者だけでなく、犬や猫の飼い主である私達、いわゆる消費者にも責任がないとは言えません。

実際に安いフードがあれば手を伸ばしたくなりますよね。

それらの安いフード全てが粗悪品というわけではありませんが、これらの安いフードを買う、つまりドッグフードを「値段だけで決める」消費者がいる限り今後も価格戦争は終わりません。

価格戦争が続く限り、安く粗悪な原材料を使い続ける業者は減らないのです。

スーパーでお買い物をする時に、野菜などを見て「これはどこの産地のものかしら?」と調べる方も多くいると思います。

それと同じように愛犬の口に入るドッグフードもしっかりと確認する習慣を付けると良いでしょう。

愛犬が病気になった時に看病をしたり、介護をするのは本当に辛いですよね。

病気は必ずしも防げるというわけではありませんが、日々の心がけが大切です。

ペットフード安全法が施行される以前

ペットフード安全法は施行される前は、ペットたちの食に関する法律は存在していませんでした。

そのため粗悪なフードがたくさん出回っていたのです。

規制する法律がなければ、なるべくコストを抑えるために粗悪なものを使用する製造業者も多くあったのです。

そもそもドッグフードが日本で普及したきっかけは、第二次世界大戦後に、日本を占領した連合国軍が軍用犬や警察犬に与えるために持ち込んだアメリカ製のドッグフードでした。

本格的に国産のフードが日本で販売されたのは1965年頃で、まだ日本のペットフードは比較的歴史が浅いのです。

ペット先進国であるアメリカの見よう見まねでドッグフードの製造を始めたのです。

今のようなペットブームではなく、ペットを室内で飼育し病気になれば病院へ連れて行くという時代でもなかったため、ペットの健康を考える人は今よりも少なかったと言えます。

また、ドッグフードが普及したあとも人間の食べ残しを犬に与えるという家庭も多くあったそうです。

1980年頃に、空前のペットブームが到来しました。

動物の医療も徐々に充実していき、病気になったら獣医師の元へということが世間にも認知され始めました。

その頃からペットの健康を考えるためにフードも多様化していくようになったのです。

ペットの体型を考えた商品、ペットの年齢を考えた商品などさまざまなフードが販売されるようになりました。

まとめ

ドッグフードの潜む危険な添加物や、原材料を見てきましたがいかかでしたでしょうか。

ペットフード安全法が制定された今でもドッグフードには、犬にとっては全く必要のない着色料などが使用されています。

また、毒性のある添加物に関しても、ドッグフードの品質を保持したりと良い面と悪い面の両方が存在します。

使用されている原材料にしてもそうです。

なにかの搾りカスや品質の悪いお肉を使用すると、コストが抑えられるというメリットもありますが、その反面犬の健康に影響を及ぼすものもあります。

病気を治すのは獣医師ですが、愛犬を守ることができるのは飼い主さんだけです。

もし、今愛犬に与えているフードに、必要のない添加物や粗悪な原材料が使われているとしたら切り替える必要があります。

そして、どんなに良いフードでも与え方や愛犬の年齢、体型、生活に合わせなければ意味がありません。

しっかりと学び愛犬がいつまでも健康で長生きできるようにサポートしていきましょう!

TOPへ